ちょっと前にフィリピンのドゥテルテ大統領が来日して、阿部総理大臣と1対1で首脳会談を行っていましたよね。
 その際、メディアで「親日家」と紹介されていたドゥテルテ大統領ですが、私は「本当に?」と突っ込みたくなりました。
 だって、向こうがお客さんで相手が大臣だからって、岸田外務大臣との食事会に遅刻して来たというのは、ちょっと信じられない事態だと思います。本当に親日家なら、日本が時間にキッチリした国だということくらい知っているはず。それなのに遅刻だなんて、ちょっとこちらを知らないか、あるいはなめてかかっているのでは?
 しかも、やっていることも、すごーく露骨。中国に行ったときには中国に尻尾を振って援助を引き出して、日本に来たら日本に同調して援助を引き出して、目的が見え見えです。中国がお金を出したら日本はそれ以上出してくれるだろう、という魂胆もすごく見え隠れしています。親日家というのも、日本から援助を引き出すための方便なのでは?と思わず感じてしまいます。
 でも、好きな日本食が天ぷらというのは、きっと本当なんだろうな、と思いました。だって、いかにもドゥテルテ大統領らしいではありませんか!小澤康二メール講座を受けてみて結果