三緒に歩いているという娘

娘がようちえんへ向かうようになりました。
平日たくさんのことを把握通して帰って来る。

そのなかで楽しいのが、「おもちゃの口上」というクチ調音でしゃべるようになって要ることです。
おもちゃに浮き出る口上って、日頃ライフワークそれではさっぱり使わない感じがありますよね。
たとえば、「~したのかい?」とか「~だったのかい?」という質問系だ。
身がお呼びに行った戻り、三緒に歩いているという娘が「おお袋さんは自宅で何を通していたんですい?」なんて質問を通して来る。
その少々不自然な貰いがかわいくてたまりません。

あとは、「~通してごらんよ」という反映もよく使います。
これも日頃筋道よりもおもちゃに浮き出ることが頻繁口上ではないでしょうか。
娘は「お~い、おお袋さん。こういう風船を取ってごらんよ」とか、「これをくってごらんよ」と言うことが頻繁だ。

そして先日、ようちえんの教官が娘の見てくれに対して喋ってくれました。
とりわけ印象深かったのが、「おもちゃやペーパー芝居を極めて熱心に聞いてくれていますよ」とのことでした。
娘のその見てくれをおもい浮かべるという、どうしてもあたたかいキモチになります。詳しくはこちら